痛いヒゲ脱毛はもう古い。イマドキの痛くないメンズ脱毛方法とは?

脱毛男子
ユウキ
ヒゲの濃い人は、毎日のヒゲ剃りが面倒で嫌になりますよね。また、青ヒゲになって見た目もよくなく、コンプレックスに感じている人も多いのです。

ヒゲ脱毛によりこのような悩みとおさらばしたいというニーズも高いのですが、脱毛時の痛みはどうしても気になります

では、今どきのメンズ脱毛事情はどのようになっているのでしょうか?

ヒゲ脱毛は痛すぎるという人も

ヒゲ脱毛を行う際に、どうしても痛みが発生します。まるで脱毛部分をゴムなどで叩くような痛みがあり、場合によっては耐えきれないほど痛いのです

痛みは人によって感じ方に違いがあり、

  • 輪ゴムで軽く弾かれたような痛み
  • 紙やすりで擦られたような痛み
  • 剣山で刺されたような痛み
  • ホチキスを打たれたような痛み
  • カミソリで切られたような痛み

などといった表現もあります。

また、脱毛時に熱が発生するので熱したもので脱毛分部分を触るような痛みも同時に発生します。では、その痛みの原因はどこにあるのでしょうか?

脱毛が痛い原因

ヒゲ脱毛にはいくつもの種類がありますが、一般的にはフラッシュ脱毛とレーザー脱毛、ニードル脱毛の3種類です。その中でも特に痛いと言われているのがレーザー脱毛とニードル脱毛

レーザー脱毛とは、毛を再生させる幹細胞と呼ばれる細胞をレーザーによって破壊させて脱毛を行います。レーザーは黒いもののみに反応して照射できるので、周囲の肌には反応しません。

ただ、細胞を破壊するタイミングで強く反応して熱も発生するので、強烈な痛みが発生します。また、照射した後もレーザー反応により熱を帯びるため、まるでやけどしたかのような痛みを感じてしまいやすいです。

もう一つのニードル脱毛は、脱毛したいエリアの毛穴一本づつに細いニードルを差し込み、毛乳頭に直接電気的な刺激を与えて毛根を焼き切る方法です。単純に毛穴に針を刺すので、半端ない痛みが発生します

痛みを感じやすい体質とは

レーザー脱毛やニードル脱毛を行う際に、人によってはさほど痛みを感じないという方もいれば、耐えきれないほどの痛みを感じる方もいます。

痛みを感じやすい体質の方としては、肌が弱いという傾向があります

肌が少し刺激を受けただけでも過敏に反応して痛みを人一倍感じてしまいます。また、施術後も肌の回復が遅れて、痛みが残りやすいという傾向もあります。

痛みは、施術を受ける部位によっても大きく異なります。

特にヒゲ脱毛で痛みを感じる部位としては、鼻下と唇周りです。また、ヒゲの濃さによっても脱毛時の痛みは異なります。

痛くない脱毛方法

脱毛を行っているサロンやクリニックでは、「ヒゲ脱毛は痛い!」というレッテルに対して、研究に研究を重ねて様々な方法で、痛みの軽減する方法を採用しています。

ほぼ無痛な「フラッシュ脱毛」

痛みが少ない脱毛として注目されているのが、フラッシュ脱毛です。フラッシュ脱毛とは、端的に言えば光を照射して脱毛する方法の事を指します。

フラッシュ脱毛にも2種類あり、IPLとSSCという方式があります。

IPL・・・カメラのフラッシュのように瞬時に広範囲に向けて光を照射し、脱毛する方法。

周りの皮膚にも弱い光を照射することで、レーザー脱毛のようにピンポイントで強い照射をすることなく脱毛が行えるため、痛みが軽減されます。照射範囲が広く、短時間で施術が完了するという点も魅力的です

SSC・・・施術前に脱毛効果のあるミクロカプセルが入ったジェルを顔に塗り、フラッシュを当てることでジェル内のカプセルがはじけて脱毛を促す方法。

SSCは脱毛だけでなくエステ効果もあり、特に女性向けの脱毛で活用されています。アフターケアが万全な方法なので、痛みが継続する可能性が低い点が魅力的です

医療機器なのに痛みの少ない「メディオスター」

クリニックで用いられるレーザー脱毛は、医療レーザーを使用します。

医療レーザーは強烈なパワーを誇り、脱毛効果が高い半面、痛みも強烈です。ただ、その効果の高さはそのままに、痛みを軽減した医療レーザー脱毛を実現した方法として、メディオスターがあります

メディオスターとは、ダイオードレーザーを使用してバルジ式脱毛を行う方法です。まだ誕生して数年しか経過していない新しい技術ですが、既に評判となっています。

バルジ式脱毛とは・・・皮下にジワジワと熱を蓄積して、バルジ領域を破壊する脱毛方法のこと。従来方式の医療レーザー脱毛のように一瞬で高出力のレーザーを照射して細胞破壊する際の強烈な痛みが軽減されています。

激痛もおさらば「笑気麻酔」

技術革新により痛みが軽減されてきていますが、それでもどうしても痛みを感じるのは事実です。

そこで、麻酔により痛みを軽減させるという方法を用いることができます。とくに「笑気麻酔」という麻酔は効果が高く、痛みを大きく軽減させてくれます。

ただし、笑気麻酔は医療行為に該当しますので、利用できるのはクリニックのみとなりますので、脱毛サロンでは利用できない点には注意が必要です。

痛みを抑えて脱毛ができるオススメのサロン・クリニック

脱毛サロンやクリニックの中では、独自の技術を採用してより痛みを軽減するように日々努力しています。

では、その中でも特におすすめできるサロンやクリニックを2つに厳選して紹介します。

オリジナル脱毛機で痛みの少ない快適さを実現「リンクス」

リンクスは、関東方面では渋谷・新宿・池袋・銀座・上野エリア、横浜エリア、そして関西と中部エリアの全国主要都市駅前に店舗を構える脱毛サロンです。

メンズ脱毛に特化したサービスを展開しているので、より高いノウハウを駆使し、適切な脱毛を行っているのです。メンズサロンでありながら、とてもおしゃれで居心地の良い空間という点も魅力的です!

リンクスでは、オリジナルの脱毛器であるイノベーションを使用しています。日本人男性特有の黒い毛に特化した脱毛器を扱うことで、太くて濃いヒゲも適切に脱毛することができます

また、ペルチェ素子を使用した冷却装置と本体に内蔵された特大給水タンクによって冷却機能を極限まで高め、瞬間冷却したサファイヤクリスタルを利用することで、脱毛する瞬間の痛みを極限までに軽減することに成功しています。

さらに、肌コンディションを見極めつつ、12段階の脱毛設定により、適切なものを選んで脱毛を受けることができます。

メディオスター+笑気麻酔で完璧な痛み対策「ゴリラクリニック」

ゴリラクリニックは、全国に13医院構える脱毛クリニックです。

クリニックですので、医療レーザー脱毛を採用してより高い効果を得ることができます。また、ゴリラクリニックではメディオスターNeXT PROの採用により痛みも軽減した上で脱毛することができます。

バルジ脱毛でもジリジリとした熱さを感じて痛みを感じるものですが、メディオスターNeXT PROの照射ヘッドには強力な冷却装置があり、照射しながらも同時に冷却をすることで痛みの軽減に寄与しています

仮に痛みや炎症が発生した場合も、ゴリラクリニックではアフターケアを怠らず実施してもらえます。このような処置を受けることができるのも、医療行為を行えるクリニックならではのサービスと言えます

さらに、ゴリラクリニックでは施術中に笑気麻酔を受けることも可能です。これにより、更に痛みが軽減されて安心して脱毛を受けることができますね!肌が弱く痛みに耐えれるか心配な方は、ぜひ笑気麻酔も視野に入れてほしいですね。

脱毛するなら痛みが少なく効果が高いお店へ

ヒゲ脱毛において痛みと効果は比例するわけではありません。痛みが少なく効果的な脱毛を行ってくれるお店は多数あります。

今回紹介したポイントを押さえて、ストレスフリーにヒゲ脱毛を行えると良いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です