脱毛すると脇汗や脇の臭いがひどくなるってホント?

ムダ毛のないツルツルの脇を手に入れても、その代償として脇汗が増えたり、脇の臭いが強くなったりするようでは、せっかくの男磨きも台無しですよね。結論から言ってしまうと、脱毛をしたことによって脇汗の量が増えたり、脇の匂いがきつくなったりすることは通常はありません。むしろ施術方法によっては、脇汗をストップさせ、ワキガを軽減させてしまうことだって可能。

ではなぜ、脱毛後の脇の汗や臭いの問題が、都市伝説のようにささやかれ続けられるのでしょうか?安心して脱毛の施術を受けるためにも、その理由を理解し、脱毛と脇の汗・臭いとの関係性について正しい知識を身につけておきましょう。

脇の毛がなくなると、臭いはどうなるの?

そもそも体臭は、皮膚に存在する雑菌が、汗や皮脂に含まれる成分を分解してガスを発生させることによっておこるとされています。臭いの原因となる雑菌は、じめじめとした環境を好み、毛穴の中の毛根部に多く繁殖しがち。脱毛をすることによって毛根がなくなると菌の居場所が減り、増殖が抑制できるので、通常であれば臭いもわずかながら減少するはずなのです。

こんな稀なケースも

脱毛後に残された空っぽの毛穴に皮脂や垢が溜まり、それが酸化して臭うことがあります。毛穴に白または黒っぽいものが溜まっていたら、毛抜きなどで両側からぎゅっと挟み込むようにして押し出してやるといいでしょう。毛がなくなっても、毛穴が消えることはありませんが、時が経つとやがて毛穴は小さくなるので、異物も溜まりにくくなるはずです。もしいつまでも毛穴に異物が溜まり続け、臭いが気になるようであれば、皮膚科に相談してみましょう。簡単な治療で治ります。

脇の毛がなくなると、汗はどうなるの?

脱毛後に脇の臭いがきつくなることがないのと同様に、脱毛によって発汗量が増えるという医学的根拠はありません。ただし脱毛の施術直後、一時的に「脱毛後多汗症」になることがあります。

脱毛後多汗症とは、脱毛によって皮膚や毛穴が刺激を受け、汗腺が活発に働いて汗の分泌量が増える症状

しかしそれはあくまでも一時的なもの。1~2週間もすれば自然と治るのが一般的です。また実際に汗の量は変化していなくても、脱毛前には毛に付着して蒸発していた汗が、直接皮膚に触れるようになるため、量が増えたのではと感じることがあるかもしれません。汗が増えたのではと過剰に意識することがストレスとなって発汗が促されることもあるので、あまり気にし過ぎないようにしましょう。

汗の量を減らし、ワキガが軽減される脱毛方法とは?

制汗剤などで汗の分泌量を減少させることも可能ですが、あくまでも一時的なもの。脱毛の方法を賢く選べば、汗・臭い問題の根本的解決ができるかも。

脇脱毛の施術方法には、光やレーザーを照射して発毛を促す細胞にダメージを与える方法と、毛穴に針を刺して微弱の電気を流して発毛組織を凝固させる方法の主に2通りあります。後者の電気を使った施術は、電気凝固脱毛、ニードル脱毛とも呼ばれ、一部のクリニックでのみ行われていますが、この方法には、多汗やワキガの症状を緩和させる効果が大いに期待できるのです。脇にはアポクリン腺という、臭いの原因となる汗の分泌腺があるのですが、電気を通すことによってこの腺が破壊されるため、発汗が抑制されるのです。臭いの原因となる汗が減れば、臭いも軽減されます。ワキガの完治とまではいかないものの、臭いを和らげることが可能になるのです。

まとめ
脱毛によって脇の汗の量が増えたり臭いがきつくなったりするのではという噂は、一時的な症状や勘違いによって、大きく膨らんでいると考えられます。
むしろ逆に、脱毛をして脇のムダ毛が処理できれば、雑菌の繁殖を抑えることができ、皮膚を清潔に保ちやすくなるので、汗や臭いは気になりにくくなるはずです。
不安をあおるデマに翻弄されることなく、関して正しい知識を身につけて、心穏やかに脱毛のお手入れを受けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です