ヒゲ脱毛は麻酔すれば痛くない?痛みや効果を検証してみた

ヒゲ脱毛に踏み切れない理由の一つとして、よくあげられるのが「痛み」です。実際、痛みでヒゲ脱毛を断念した、という内容のtweetはよく見かけます。

痛みを和らげるために麻酔を使うという選択肢もありますが、「麻酔ってどれくらい効くの?本当に痛くなくなるの?」「値段はどれくらいなの?」と悩みはつきません。

そこで、今回はヒゲ脱毛の痛みに悩む方のために、麻酔の効果や値段を調べてみました。

麻酔で痛みがなくなるわけではありません

まず結論からいうと、麻酔で痛みがまったくなくなるわけではありません。強い痛みを感じにくくなるだけです。

ヒゲ脱毛の痛みは「思いっきり引っ張ったゴムで弾かれたような痛み」といわれますが、麻酔をかけると痛みが鈍痛に変わります。

「じゃぁ、やっぱり痛いんだ!」と思うかもしれませんが、大丈夫です。ある調査によると、8割の人が「麻酔で痛みが減った」と答えています。残り2割の人も「効果は弱かったけれど痛みは多少軽くなった」と答えています。

クリニックによっては複数の麻酔を併用することもできるので、痛みに弱い人は事前カウンセリングで麻酔についてもしっかり相談しましょう。

麻酔+メディオスターで痛みの対策を!

従来型の脱毛器は痛みが強く、麻酔をしても痛みを訴える人がいました。しかし最近は、脱毛時の痛みが少ないメディオスターNextProを導入しているクリニックも増えています。

痛みのためにヒゲ脱毛をあきらめていた人でも、メディオスターNextProなら耐えられるという声が多く上がっています。さらに痛みに強い人の場合、メディオスターNextProなら「まったく麻酔なしで脱毛を終了」ということすらあります。

痛みの少ないヒゲ脱毛を目指すのならば、メディオスターNextProで脱毛をしてくれるクリニックを探すのもいいでしょう。

とはいえ、メディオスターNextProでも痛みを感じる人はいます。「痛いのは絶対にイヤだ!」という人は、メディオスターNextProに麻酔を併用するのがおすすめです。

メディオスターNextProと麻酔を併用すると、寝落ちしてしまう人もいるようです。

ヒゲ脱毛を受ける前にチェックしておきたい麻酔の種類

ではここからは、ヒゲ脱毛によく使われる麻酔の紹介です。脱毛を行っているクリニックでよく使われるのは、「笑気麻酔」「麻酔クリーム」「局所麻酔注射」です。

クリニックによって導入している麻酔は違いますが、この3種類をおさえておけば大丈夫です。

なお、麻酔は医師のいるクリニックでしか使用できません。エステサロンでは、麻酔を希望しても使ってもらえないので気をつけてください。

多くのクリニックで使える「笑気麻酔」

多くのクリニックで使われているのが「笑気麻酔」です。これは、亜酸化窒素と酸素を混ぜて鼻マスクから吸入するガス麻酔です。

扱いやすく副作用も起きにくいので、子供の歯科治療に使われることもあります。

笑気麻酔を吸うと、お酒に酔った時のようにふわふわとしたリラックス状態になります。痛みに対する不安がやわらぎ、痛みそのものも感じにくくなります。

中には「ヒゲ脱毛中に笑いが止まらなくなってしまった」という人もいるくらいです。

ちなみに笑気麻酔の効果持続時間は短いので、脱毛後のクールダウンをしているうちにほとんど切れてしまいます。

個人差はありますが、脱毛後にふらつくようなことはあまりありません。

事前に塗布して患部を麻痺させる「麻酔クリーム」

「麻酔クリーム」は、施術の30分から1時間くらい前に塗って痛みの感覚を鈍らせる麻酔です。市販の麻酔クリームよりも濃度が高く、効きも良いです。

笑気麻酔と併用できるクリニックもあります。

ただし、費用節約のために市販の麻酔クリームを勝手に使うのはやめてください。クリームに含まれる油分がレーザーと反応してヤケドしてしまうことがあります。

頻度は少ないが効果は絶大な「局所麻酔注射」

ほとんど使われることはありませんが、「局所麻酔注射」は痛みをおさえるという点では非常に優秀です。

でも、注射なので痛いです。しかも何ヶ所も針を刺さなければいけないのです。

ヒゲ脱毛の痛みをおさえるために痛い注射をするのは、ツライですよね。

効果は絶大ですが、痛みを少しでも避けたいという人にとっては最終手段というべき方法でしょう。

麻酔の相場価格は??

笑気麻酔は、30分で2,000~3,000円程度が相場です。麻酔クリームは5~10gで1,000~3,000円程度です(値段はいずれも税抜き)。

局所麻酔注射は、麻酔の使用量によりかわるので「応相談」となっている場合が多いです。

麻酔込みで脱毛をするなら「ゴリラクリニック」がおすすめ

「痛いのはイヤだけど、なんとか安く脱毛をしたい!」という人には、お得な麻酔セットのあるゴリラクリニックでヒゲ脱毛することをおすすめします。

ゴリラクリニックは、「ヒゲ脱毛完了コース」の初回契約時に「笑気ガス麻酔脱毛完了コース」をセットとして組み込むことができます。

ゴリラクリニックの「ヒゲ脱毛完了コース」の内容と料金は、下の表を参考にしてください。

部位 コース料金(6回) コース終了後3年間
ヒゲ3部位
(鼻下・アゴ・アゴ下) 
68,800円 1回100円
+部位追加
(ほほ・もみあげ) 
58,600円
+部位追加(首) 45,000円

この値段は、平日の11~15時までに施術を受ける場合のものです。それ以外の時間を希望する場合には、19,800円を追加で支払う必要があります。

これに「笑気ガス麻酔脱毛完了コース」をセットすると、プラス34,800円で笑気麻酔を毎回つけることができます。ちなみにセットでない場合、笑気麻酔は30分で3,000円です。セットだと12回以上で元が取れる計算になります。

個人差はあるものの、ヒゲの永久脱毛には平均して15回の照射が必要だと言われています。

痛みが苦手で「麻酔なしでは施術を受けられない!」という人ならば、ゴリラクリニックの「ヒゲ脱毛完了コース」+「笑気ガス麻酔脱毛完了コース」で脱毛するのがおすすめです。

また、ゴリラクリニックは全店舗でメディオスターNextProを導入しているので、その点でも安心です。

なお値段は2018年10月現在のもので、税抜きで表示しています。

そもそも痛いのが苦手なら「フラッシュ脱毛」という選択も!

痛みが本当に苦手な人には「フラッシュ脱毛」もおすすめです。

フラッシュ脱毛はレーザー脱毛と比べて出力が弱いため、強い痛みを感じにくくなっています。

しかし繰り返し施術を受けると、レーザー脱毛と同じようにヒゲが再生しにくくなります。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛両方を経験した人によると「フラッシュはレーザーの100分の1くらいの痛さ」ということです。

痛みの感じ方には個人差がありますが、フラッシュ脱毛がレーザー脱毛に比べて痛くないことはよくわかります。

費用もレーザー脱毛に比べておさえられるので、お財布にもやさしいです。

麻酔なしでの医療脱毛は結構キツイ

今回は、ヒゲ脱毛の痛みと麻酔についてまとめました。

医療脱毛はレーザーの出力が強いので、麻酔なしだと痛みで施術を断念してしまうこともあります。

メディオスターNextProは比較的痛みが少なめですが、痛みに弱い人は麻酔を使うことをおすすめします。店舗によってはオトクな麻酔セットもあるので、検討してみましょう。

痛みの感じ方には個人差があるので、自分の体質とよく相談して麻酔を使うかどうか判断しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です