【10歳若返る!】ヒゲ脱毛すると 若く見える超意外な理由

脱毛男子
ユウキ
ヒゲが生えているのもあまり見た目がよくないものですが、きれいに剃っているように見えても青さが残ってしまうことがありますよね。

これって、実は老けてみえる要素にもつながりますので、ぜひとも解消したいファクターです。

そこで今回は、青ヒゲのせいで実年齢より老けてみられがちな人に向けて、青ヒゲの解消法を紹介します。

若く見られる秘訣は「清潔感」

青ヒゲが発生している場合、どうしても老けてみられがちになりますが、逆に青ヒゲがないと清涼感を与えることができます。では、なぜ青ヒゲは老けて見えるのでしょうか?

爽やかさを感じさせないヒゲは老けて見られやすい

ヒゲは、頭髪と違い誰でも生やしているものではありません。人によっては、きれいに剃ってつるつるな状態をキープしていますよね。

逆に、ワイルドにヒゲを生やして男っぽさをアピールされている人もいますが、その中でも爽やかさがあるヒゲの人も多くいます

ヒゲというものは、生えている否かではなく、整えているかが重要な要素なのです。整然としたヒゲを見ると、異性を含めて決して悪い気がしないものです。

きれいに剃っていても、まだらに剃られていればきれいなイメージは持ちませんし、朝剃って夕方にはもう青々としたヒゲとなる場合も、老けて見られます

このようなヒゲのことを無精ヒゲと呼んでいますが、無精ヒゲとは以下のような意味となります。

無精ヒゲの意味

剃 (そ) るのを怠けて伸びたままのひげ。

(出典:goo辞書 ぶしょう‐ひげ〔ブシヤウ‐〕【不精×ヒゲ/無精×ヒゲ】の意味)

無精ヒゲは、何も無造作に伸ばしているものだけでなく、青々としたヒゲにも使用されます。この言葉は昔からネガティブな意味で使われているため、やはり解消して清潔感をアピールしたいものです!

青ヒゲが目立つようになる原因は?

青ヒゲは老けて見られる大きな要因となるわけですが、青ヒゲが目立つようになる要因として大きく3つの要素があります。

原因1:肌が白い人は相対的に青ヒゲが目立つ

青ヒゲが目立つメカニズムとして、肌の内部に潜んでるヒゲが透けて見えるためです。肌の中には毛根があり、この毛根から毛が生えてきます。

毛根がある限りは、ヒゲは永遠に生えてくるわけですが、肌内部にあるので普通のヒゲ剃りで除去することはできません。また、毛抜などで抜いても、すぐに再生します。

特に青ヒゲになって見える要素として、ヒゲが濃いというだけでなく肌の色も大きく起因しています。

特に青ヒゲが目立ちやすいケースとして、色白の肌が挙げられます。例えば、日焼けした肌の場合はヒゲの色と同じ色に近づくので青ヒゲも目立ちにくくなります。

色白の場合は、ヒゲの色と真逆となるのでどうしても目立ちがちになります。

原因2:ヒゲ剃りでヒゲが濃くなる

人間の体は、自己防衛機能が働いています。代表的なものとして、一度骨折すると周囲の骨が頑丈になるのですが、これも自己防衛機能の一つです。

体毛でも同様に、外的ストレスから肌を予防しようという機能が働きます。頻繁に擦れる部位ではムダ毛が濃くなる傾向がありますし、ヒゲも同様です。

特に、ヒゲの場合は剃る際に想像以上に肌にダメージが加わっているのです。これが体にとってはダメージと認識して、さらに濃いヒゲを生やしてダメージから身を守ろうとするのです。

濃いヒゲを剃ろうとすると、さらに深剃りできるシェーバーを使用することで、肌へのダメージが増加して、イタチごっこのような状態となりさらに濃くなり青ヒゲが目立ってしまいます

原因3:男性ホルモンの増加も要因に

女性はヒゲが薄く、男性には濃いヒゲが生えますが、これには男性ホルモンが大きく起因しています。男性ホルモンとはテストステロンのことを意味しますが、テストステロンは男性の中でも微妙に分泌量が異なります。

テストステロンが多く分泌される人は、その分だけ濃いヒゲが発生してしまいます。テストステロンが増える要素としては、主に遺伝があります。

他にも、自律神経の乱れによりテストステロンの分泌量が通常より増加して、濃いヒゲとなる可能性もあります。

ヒゲが濃くなることで、青ヒゲが目立つようになってしまうのです。

ヒゲ脱毛をすると肌質も良くなる

青ヒゲを解消できると、実は多くのメリットが生まれます。そのメリットの中には、若返りにもつながる要素が多数含まれているので、単に青さを軽減するだけでなく相乗効果で若く見られることができます。

キメ細かい肌で健康的な若さに

青ヒゲを解消する方法として手っ取り早いのが、ヒゲ自体をなくす方法です。ヒゲをなくすには、まずは根っこの部分となる毛根を機能させなくする方法が最適です。

多くのクリニックやサロンでは、レーザー照射などにより毛根を焼き切る方法で脱毛を実現できます。

この毛根はヒゲの太さの2倍以上あるものですが、焼き切ることで自然とヒゲが抜け落ちます。

一度の脱毛で毛根が完全になくなるわけでなく、数回繰り返すことで徐々に毛根の勢いがなくなり、やがて毛根自体がなくなります

毛根がなくなると、毛根から皮膚表面までヒゲが生えてくる毛穴が徐々に狭まっていきます。

毛根は、開いているとその部位に汚れが溜まってしまいます。汚れが溜まると、黒ずみが発生して清潔感が失われます。

清潔感がなくなると、どうしても老けて見られてしまうので、その点で脱毛により毛穴が狭くなると、美肌を手に入れることができます

ヒゲ剃りからの卒業で肌ダメージを0に

脱毛することのメリットとして、ヒゲ剃りの回数を減少させることができる点があります。完全に脱毛できれば、ヒゲ剃りという行為自体もなくすことも可能です!

ヒゲが濃い人の場合、朝のヒゲ剃りだけでなく夕方も剃らないと青々としてしまい老けて見られます。これは非常に面倒であると共に、肌へのダメージも蓄積されてしまいます。

よりきれいにヒゲを剃ろうとすると、深剃りしたくなります。深剃りは確かに効果がありますが、その反面として肌へのダメージが強くなります

ダメージを具体的に解説すると、肌表面の角質層が傷つけられることを意味します。角質層が傷つくことで、肌が乾燥してしまう傾向があります。

肌からうるおいが失われると、外から発生する異物が肌内部に浸透しやすくなり、様々な肌トラブルが発生します。

その代表例として、ニキビや吹き出物があります。このような肌トラブルが発生すると、不潔さが増大してしまいますよね。

他にも、深剃りのデメリットとしてひりつきがあります。角質層が傷つくことで、肌が赤みを帯びるので、見た目上でも青ヒゲと同様に老けて見えがちです。

ひりつきを軽減させるためには、保湿ケアなども重要ですが、それだけではケアしきれない側面があります。

その点もあって、そもそもヒゲ剃りという行為自体を行わなければダメージも加わりません。そこで、サロンやクリニックでの脱毛を行うことで、このようなリスクも軽減することができるのです。

青ヒゲ・無精ヒゲから解放されよう

青ヒゲや無精ヒゲは、老けて見えるのでなんとしても避けたいものです。ヒゲ脱毛を行えば、必然的に若々しいイメージをもたせることが可能です。

また、日々のヒゲ剃りという行為が減ることで、肌トラブルが発生しにくくなりますし、そもそもムダな時間を削減できます。

その点でも、ヒゲ脱毛を行うことはとてもメリットが高いですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です