ヒゲ脱毛後のケア方法3選!トラブルを防ごう

「ヒゲ脱毛をしたいけれど、肌トラブルは避けたい」「脱毛しているけれど、正しいスキンケアがよくわからない」そんな悩み・不安はありませんか?

ヒゲ脱毛後の肌トラブルを避けるためには、保湿をはじめとしたスキンケアが大切です。一方で、血流が良くなる行動は避けるといった日常生活上の注意も必要です。

今回は、ヒゲ脱毛後のトラブル防止に効果的な肌ケアと、ヒゲ脱毛後に避けたい行動を3つずつご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ヒゲを脱毛したらいつも以上にケアをしよう

ヒゲ脱毛後の肌トラブルは、正しいスキンケアで予防することができます。しかし、どのような肌トラブルが生じているのかを知らなければ、正しいケアをすることができません。

ヒゲ脱毛が肌にどのような影響を与えるのか、しっかり理解しましょう。

どうして肌のケアが必要なのか

ヒゲ脱毛は光やレーザーで毛根に熱ダメージを与えて行われることが多いのですが、熱ダメージは毛根のまわりの肌にも伝わるため、肌は軽いヤケドを起こした状態となります。

肌には本来肌を守るバリア機能が備わっているのですが、熱ダメージにより弱った肌はバリア機能が低下しています。

バリア機能が低下すると、肌から水分が奪われて乾燥しやすくなります。また、抵抗力が低下するので毛嚢炎(毛穴に侵入した雑菌が感染症を起こすこと)になることもあります。

ヒゲ脱毛後はこのような肌トラブルが起こりやすいため、ダメージを受けた肌をいたわり、肌を清潔にする肌ケアが必須となるのです。

ヒゲ脱毛後に絶対したい肌ケア方法3選

では、肌トラブルを予防するためにはヒゲ脱毛後にどのような肌ケアをすればよいのでしょうか。

ここでは、ヒゲ脱毛後に絶対に行うべき肌ケアを3つご紹介します。

【方法1】保湿で乾燥から守る

ヒゲ脱毛後の肌の乾燥を防ぐためには、保湿が欠かせません。肌が乾燥していると肌あれなどのトラブルが起こりやすく、症状がひどい場合にはヒゲ脱毛自体ができなくなることもあります。

また、脱毛前にもしっかり保湿をしておくと、脱毛時の痛みが減り、肌トラブルも生じにくくなると言われています。

ストレスのない脱毛を行うためにも、しっかり保湿をしましょう。

保湿に使う化粧水は、防腐剤やアルコールの入っていない刺激の少ないものがおすすめです。化粧水のみでは化粧水が乾く時に肌も一緒に乾いてしまうので、乳液もあわせて使うとより効果的です。

保湿のタイミングは、洗顔直後がおすすめです。肌がまだ少し濡れているくらいのタイミングで保湿をすると、肌の乾燥をしっかり防ぐことができます。

【方法2】紫外線対策で肌へのダメージを抑える

ヒゲ脱毛でダメージを受けた肌に紫外線があたると、いつも以上に日焼けのリスクが高くなります。ひどい場合には、シミや水ぶくれができることもあります。

また日焼けで肌の色が濃くなると、ヒゲ脱毛に使うレーザーなどが肌に反応してしまい、脱毛時の痛みや熱感を強く感じる可能性があります。だからといって痛みなどをおさえるために器械の出力を弱くすると脱毛効果が十分に得られず、脱毛回数や脱毛期間が長くなってしまうこともあります。

ヒゲ脱毛中は、肌トラブルを防ぐためにも、また次回の脱毛のためにも、紫外線を防ぐ必要があります。

紫外線対策としては、日焼け止めがおすすめです。ヒゲ脱毛の範囲は首までおよぶので、顔だけではなく首にもしっかり塗るようにしましょう。ただし、脱毛当日は刺激を避けるために、塗らないようにしてください。冬場であれば、マフラーなどで鼻から下をおおうのも効果的です。

なお、市販の使い捨てマスクは紫外線予防効果がありません。使用時には日焼け止めを併用するようにしましょう。

【方法3】洗顔は刺激を控えて肌を清潔に保つ

毛嚢炎予防には、洗顔がおすすめです。ただし、スクラブでの洗顔や肌を強くこする洗顔は皮膚をキズつけるおそれがあるので行わないようにしましょう。

洗顔は、まず人肌程度のぬるま湯でしっかり顔全体を濡らします。

次に、洗顔料を手に取り、しっかり泡立てます。泡立てが苦手な場合には、泡立てネットを使うと簡単に泡立てることができます。

そして、泡で優しく顔全体をなでるようにして洗います。皮脂の多い鼻やおでこはしっかり、頬など乾燥しやすい部分はさっと洗うのがコツです。

すすぎは、ぬるま湯で行います。この時も肌をこすらないようにしましょう。髪の毛の生え際や鼻の際はすすぎ残しが多いので、注意が必要です。

洗顔後は、清潔なタオルを優しく肌に当て、水分をとります。ここでも、肌をこすらないようにします。

洗顔後はもちろん、しっかり保湿を行ってください。

ヒゲ脱毛後にトラブルを起こしやすい行動3選

では、次にヒゲ脱毛後に避けたい行動を3つご紹介します。

【その1】お風呂につかる

ヒゲ脱毛当日は、湯船につかるのは避けてください。脱毛部分が直接湯船に入ることはほとんどありませんが、血行が良くなるために肌の炎症や痛み・かゆみが生じやすくなります。

ただし、シャワー浴はしていただいても大丈夫です。シャワーの温度は少し低めにしましょう。ぬるま湯でのシャワー浴であれば肌に強い刺激を与えませんし、体が温まりすぎることもないのでおすすめです。

【その2】血流が良くなる激しい運動&飲酒

入浴と同様の理由で、激しい運動や飲酒は避けてください。肌の炎症や痛み・かゆみが生じやすくなります。

飲酒については、ヒゲ脱毛から24時間ほど時間をあければ大丈夫だと言われています。しかし、肌の赤みなどが残っている場合には、1日経っていても飲酒で症状が悪化することがあります。肌の状態をしっかりみて、赤みやはれなどが落ち着いてから運動や飲酒を行うようにしてください。

【その3】脱毛後すぐのヒゲ剃り、ヒゲ抜き

ヒゲ脱毛直後は、肌が非常にダメージを受けています。カミソリによるヒゲ剃りや毛抜きによるヒゲ抜きは肌や毛根をキズつけ、肌あれや毛嚢炎の原因となるので絶対に行わないようにしましょう。

やむを得ずヒゲの手入れを行う場合には、電動シェーバーで手入れをするようにしてください。ただし、シェーバーを肌に強く押し当てたり、深剃りしたりするのはやめましょう。

気持ちよく脱毛するためにも、肌のケアを習慣化しよう

ヒゲ脱毛による肌トラブルは、適切なスキンケアを行うことで防ぐことができます。また、肌トラブルを予防して肌の調子を整えることで、ダメージの少ない快適な脱毛をすることができます。

ヒゲ脱毛は1回で終わるものではなく、場合によっては年単位での施術が必要なものです。気持ちよく脱毛するためにも、保湿や紫外線予防、洗顔といった肌のケアを毎日の習慣として取り入れるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です