ヒゲ脱毛する5つのメリットと7つのデメリットを総まとめ!

ヒゲ脱毛は今や男女ともトレンドになり、美容院に行くような感覚で脱毛を始める方もいます。

ヒゲ脱毛をすることで、毎日のヒゲ剃りからも解放され、快適な生活を送れるなどメリットはたくさんありますが、デメリットも存在します。

せっかく時間もお金もかけてヒゲ脱毛したのに、後悔なんてしたくないですよね。

そんなヒゲ脱毛にまつわる5つのメリットと7つのデメリットを、分かりやすく総まとめしました!

ヒゲ脱毛をする5つのうれしいメリット

ヒゲ脱毛をすることで得られるメリットは、外見的な魅力だけではなく、内面にも大きく影響します。

そんな人生を変える5つのメリットをご紹介していきます。

【メリット1】見た目の印象が劇的に変わる

毎日せっせとヒゲを剃っても、全体的に青味がかった顔は女性ウケも悪いし、ビジネスシーンにも影響してきますよね。

どうしても青ひげのイメージは、”不潔”や”不気味”という印象を与えやすいです。

分かりやすい例でいえば、とんねるずのコントの「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」というキャラクターに表れていると思います。

女性からの印象は特にシビアで、無精ヒゲや青ヒゲの男性は好感度が下がってしまいます。

ヒゲ脱毛をすることで、血色の良い清潔感のある顔に変わり、女性からの好感度が上がること間違いなしです。

ヒゲを全剃りすることに抵抗がある方は、デザインヒゲも作ることができるので、俳優のようなお洒落でかっこいいヒゲを作る事もできます。

【メリット2】ヒゲを剃る時間が節約できる

一日で最も忙しい時間帯は朝ですよね。歯を磨いて、ヒゲを剃って、ご飯を食べて…と、朝は分刻みでこなさないといけません。

ヒゲ脱毛することで、朝の時間に5~10分の余裕が生まれます。この時間の節約はとても大きく、気持ちにも余裕が生まれスムーズに支度ができます。

【メリット3】ヒゲ剃り時に起こる痛みや肌荒れから解放される

毎日ヒゲを剃ることで、肌も刺激され敏感肌や乾燥肌になっている人も多いですよね。

ヒゲの量が多くて範囲が広いと、毛穴が赤く炎症してブツブツになってしまうことも。

そんな毎日のヒゲ剃りから解放されることで、肌荒れも改善しツルスベ肌に生まれ変わります。

【メリット4】トータル的なヒゲ剃り費用が節約できる

ヒゲ脱毛は高いと思っていませんか?実は長い目で見ると、ヒゲ脱毛の方が安い結果になり費用が節約できます。

ヒゲ脱毛・電気シェーバー・カミソリを30年間のトータルで検証してみました。

  30年間でかかる費用

ヒゲ脱毛(ゴリラクリニックの場合)

  • 6回コース68,800円(税抜)(鼻下・アゴ・アゴ下)
  • 6回以降追加1回100円(3年間の有効期限付き)
電気シェーバー(ブラウン電気シェーバーシリーズ7)
  • 本体=17,980円
  • 洗浄液30年間(2,884×30)=86,520円
  • 替刃1年に1度の交換で30年間(4,284×30)=128,520円
  • 17,980+86,520+128,520=233,020円

カミソリ(ジレットフュージョン51プログライドフレックスボールパワー)

  • 本体1,480円
  • 替刃2週間に1度の交換で1か月(400×2)=800円
  • 1年間(800×12)=9,600円
  • 30年間(9,600×30)=288,000円
  • 本体1,480+288,000=289,480円

クリニックで行うヒゲ脱毛は、平均15回で永久脱毛が完了すると言われています。

ゴリラクリニックでは、6回コース68,800円でヒゲ脱毛ができ、6回目以降の追加料金は100円という激安価格です。

電気シェーバーは、本体の他にも洗浄液と替刃の交換費用がかかります。

また、本体も30年も持つ保証はなく、一から買い足すとさらに費用がかかります。

意外なのがカミソリにかかる費用です。毎日T字カミソリでヒゲを剃る場合、2週間に1度の替刃の交換が推奨されているので、30年間で約29万円がかかる結果になりました。

初期費用が最も安いT字カミソリが、長い目で見ると一番費用がかかる事が分かりました。

【メリット5】自分に自信が持てる

ヒゲが濃いというコンプレックスは、自分の顔に自信が持てずに消極的な性格の要因につながります。

ヒゲ脱毛すると、毛に覆われていた肌がきれいになり、清潔感もアップし若々しい印象に。肌がキレイになると自分に自信が持てるようになり、何事も前向きに取り組むことができます。

ヒゲを脱毛する前に知っておきたい7つのデメリット

内面まで変える事ができるヒゲ脱毛ですが、良いことばかりではありません。ここからは、7つのデメリットをご紹介していきます。

【デメリット1】痛い。

個人差はありますが、脱毛時は痛みを感じやすいです。特にヒゲ部位は、体毛の中でも密集していて濃く根深い毛です。

肌質も、乾燥肌や色黒、毛量が多くて毛が濃い方は痛みを強く感じやすいでしょう。

ただし、最も痛い時期は脱毛1~3回目ほどで、毛が薄くなるにつれ痛みも和らいできます。

それでも痛みに敏感で恐怖な方もいると思います。そんな時の対策を3つご紹介します。

痛み対策➀脱毛方法を変える

実は、痛みの度合いは脱毛方法によってかなり変わります。最も痛いとされるのが、毛穴に針を通して行うニードル脱毛です。

ニードル脱毛は主にサロンで行われていて、毛穴一つ一つに針を通していくので痛みを感じる時間も長く麻酔もありません。特に鼻下は痛みが強いとされる部位なので、ニードル脱毛を行う場合は覚悟が必要です。

次に痛いといわれるのは、レーザー脱毛です。クリニックで行われるレーザー脱毛は照射パワーが強力なので、その分痛みも強いです。ただし、クリニックでは麻酔が用意されているので、ニードル脱毛のようにダイレクトに痛みを感じずにすみます。

最も痛みが少ないのは、フラッシュ脱毛です。脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛は、既定のパワーで脱毛していくので痛みもマイルドです。

どうしても痛みが耐えられない方は、脱毛サロンでヒゲ脱毛を検討しましょう。

痛みの度合いは、ニードル脱毛>レーザー脱毛>>光(フラッシュ)脱毛の順に強くなります。

痛み対策⓶麻酔を選択する

クリニックで行う場合は、痛みを和らげる麻酔を取り扱っています。

麻酔の種類も、笑気麻酔や局所注射麻酔、表面麻酔クリームなど、クリニックによって様々なので相談してみましょう。

痛み対策③保湿を心がけ、日焼けしない

乾燥したお肌は痛みを感じやすくなるので、脱毛中は保湿を心がけましょう。

また、日焼けをしてしまうと脱毛機がメラニンに反応するため、日焼けした肌にまで反応してしまい痛みを伴う場合も。

【デメリット2】一時的に費用がかかる

長い目で見るとお得なヒゲ脱毛ですが、最初は費用がかかってしまいます。

ヒゲ脱毛は、お店やクリニックにより異なりますが、相場7~15万のお金が必要になります。

もちろん一括ではなく分割やローン、都度払いもできますが、一時的な出費がデメリットと感じるかもしれません。

しかし長期的に考えると、ヒゲ脱毛の方が電気シェーバーやカミソリがほぼいらないので、結果的にお得になります。

【デメリット3】脱毛を実感するまでに時間がかかる

ヒゲ脱毛は1回や2回行っただけでは実感しづらく、少々時間がかかります。脱毛効果は、成長期の毛にしかアプローチできず、全体の10~20%の効果にとどまります。

また、毛周期サイクルにより2~3か月に1度の脱毛が推奨されているので、脱毛効果を実感するまで半年以上かかることも。

なるべく早く効果を実感したいという方は、医療レーザー脱毛を選択すると、1回で20%~の脱毛効果があるので、他の脱毛法よりも早く実感できます。

【デメリット4】日焼けができない

脱毛中は日焼けができないので、アウトドアな方やマリンスポーツが好きな方はデメリットと感じるかもしれません。

レーザー脱毛や光脱毛は、黒いものに反応させて脱毛していくので日焼けは厳禁。しかし、ニードル脱毛の場合は日焼けや色素沈着があっても脱毛が可能です。

ニードル脱毛とは、別名「美容電気針脱毛」と呼ばれる最も古い脱毛方法になります。毛穴1本1本に電気針を通し脱毛するので、日焼けをしていても関係なく脱毛できます。

どうしても日焼けが避けられない方は、ニードル脱毛という選択もありますよ。

【デメリット5】脱毛直後は肌が赤くなることも

ヒゲ脱毛を行った後は、肌が赤くなり炎症することがあります。脱毛した直後は、脱毛部位を冷やす時間がありますが、照射パワーが強いと赤みはなかなか引きません。

照射パワーに比例して赤みも強く出るので、クリニックよりも脱毛サロンの方が気になるほどの赤みは感じないでしょう。

【デメリット6】肌トラブルが起こる可能性がある

ヒゲ脱毛で起こる可能性のあるトラブルは、

  • 色素沈着
  • やけど
  • 毛嚢炎

などがあります。

万が一のトラブルの場合は、クリニックでは薬などで対応してくれますし、脱毛サロンは提携しているクリニックがあるので、すぐに対応してくれます。

【デメリット7】硬毛化になる可能性も

硬毛化とは、レーザーや光脱毛により、毛がかえって濃くなる現象です。

しかし、硬毛化の原因はうぶ毛などの薄い毛が濃くなってしまう現象なので、ヒゲのように最初から太くて濃い毛は心配いりません。

脱毛したら、濃いひげは2度と生えてきません

脱毛した部位は、どんどん毛が細く薄くなっていくので濃い毛が現れることはありません。

この先、ヒゲファッションが大流行してもすべて脱毛していたら残念ながら生えてくることはありません。

ヒゲを格好良く生やしたい人や、流行が気になる方は、デザインヒゲや毛を薄く残すことも可能なので、カウンセリングの時に希望を伝えましょう。

ヒゲ脱毛は、デメリット以上に得られるメリットが多い

デメリットもよく考えると必ず対策はあります。それ以上に得られるメリットの方が多く、人生が豊かになり余裕ができるでしょう。

ヒゲ脱毛をすることで、人に与える印象が変わり、時間にも余裕が生まれ、自信溢れる日々に変化しますよ。

デメリットも頭の片隅に置きつつ、ヒゲ脱毛に挑戦してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です