ヒゲ脱毛クリームの注意点とおすすめ商品を紹介!永久に脱毛できる?

「ヒゲ脱毛したいけど、クリニックに通うヒマがない…」「家で手軽にヒゲの脱毛をしたい!」忙しいビジネスマンにありがちな悩みですよね。

だからといって、気軽に市販のクリームでヒゲ脱毛に挑戦するのは危険です。最悪、失明してしまいます。

そこで今回は、市販のクリームを使う時の注意点、気軽に試せるおすすめ商品などを紹介します。痛い思いをする前に、ぜひ読んでみてください。

ヒゲの脱毛クリームは存在しません!!!

実は、ヒゲの脱毛クリームは存在しません!「え?どういうこと?」って思いますよね。

市販のクリームは皮膚の表面に出ている毛を溶かして取り除くだけで、脱毛(毛根から毛を抜くこと)しているわけではありません。

なので、脱毛クリームではなく「除毛クリーム」というのが正しい呼び方なのです。

そして後からしっかり説明しますが、除毛クリームであってもヒゲに使えるものはほとんどありません。

産毛に使える女性用はある

男性のヒゲ用の除毛クリームはほとんどありませんが、女性用で顔の産毛を取り除く除毛クリームはあります。

しかし、女性用の除毛クリームで男性のヒゲを除毛することは難しいです。

女性の顔に使える除毛クリームは、確かに女性のヒゲにも対応しています。とはいえ、女性のヒゲは男性のヒゲとは比べ物にならないくらい細くて柔らかく、ヒゲというよりむしろ産毛です。

当然のことながら産毛の除毛はヒゲよりも簡単なので、毛を溶かす有効成分も多く含まれていません。そのため、女性の顔用の除毛クリームで男性の太くて硬いヒゲを処理することは、ほぼ不可能なのです。

体毛用の除毛クリームをヒゲに使うのは危険がいっぱい

「顔用の除毛クリームがないなら、腕やスネ用の除毛クリームを使えばいいんじゃないの?」って思いますよね。

でも、それは絶対にやめてください。体毛用の除毛クリームをヒゲに使うのは、本当に危険なのです。

除毛クリームが目に入ってしまうと最悪失明の可能性もあるので、「今までスネや腕に除毛クリームを使ったことがあるから大丈夫」という方でも絶対に使わないでください。

【危険1】刺激が強すぎて肌トラブルの原因に

除毛クリームには、毛のタンパク質を溶かすチオグリコール酸カルシウムという成分が含まれています。チオグリコール酸カルシウムは、毛だけではなく皮膚のタンパク質も溶かしてしまうので、肌トラブルを起こすことがあります。

顔の皮膚は体の皮膚に比べると非常に薄いので、スネや腕の除毛でトラブルを経験したことがない人でも肌荒れを起こす可能性は十分にあります。

ましてや、スネや腕に除毛クリームを使った時にピリピリとした刺激を感じた人、あるいは肌あれを経験している人が顔に除毛クリームを使うと、十中八九肌トラブルが生じます。

肌トラブルがひどい場合には、皮膚科で治療が必要になる場合もあります。

そういったトラブルを避けるため、刺激の強い体毛用の除毛クリームを顔に使うことはおすすめできません。

なお、除毛クリームをヒゲに使っても、ヒゲをきれいに除毛できることは少ないです。溶かしきれないヒゲが所々に残って、結局シェーバーなどで処理が必要になることが多いのです。

肌が弱っているのにヒゲを処理しなければならないなんて、つらいだけです。

ツルスベ肌を目指すのならば、除毛クリームは絶対に使わないでください。

【危険2】失明のリスクがある

除毛クリームの多くには、水酸化カルシウムや水酸化ナトリウムといった強いアルカリ性の成分が含まれています。

これらはチオグリコール酸カルシウムの働きを助けるために含まれているのですが、強アルカリの成分が目に入ると大変危険です。

角膜や結膜に炎症が起こったり、角膜が混濁することもあります。視力が低下して、最悪の場合失明してしまうこともあるのです。

万が一、体毛を処理している時にあやまってクリームが目に入ってしまった場合には、こすらず、目をキズつけないように弱い水流で10分以上洗い流してください。

そして目に入った量がどんなに少量でも、必ず眼科を受診して詳しい診察を受けてください。受診時には、目に入ってしまった成分がわかるように容器などを持参する方がいいです。

【危険3】痛い

体毛用の除毛クリームを顔に使うと、痛み出ることがあります。ひどい場合は毛穴から出血することもあります。

除毛クリームでヒゲ脱毛にチャレンジした人たちが、「あごに使ったら痛みがひどくてご飯が食べれなくてワロタ」「痛すぎるから皮膚科行く」という悲惨な内容をtweetしていることもあります。

しかもこの痛みは、クリームをしっかり洗い流してもしばらく続くことがあるのです。シェービングが思うようにできなくなったり、ローションなどがしみたりすることもあります。

ヒゲをきれいに処理しようとして、肌トラブルが起きたりスキンケアに支障が出るようでは本末転倒です。

体毛用の除毛クリームを顔に使っても良いことは何一つないので、絶対に使わないようにしてください。

どうしてもヒゲが気になるなら「抑毛クリーム(ローション)」

「でも、どうしてもヒゲが気になる!」「毎日のヒゲの手入れをもっと楽にしたい!」という人には、抑毛クリーム(ローション)がおすすめです。

ヒゲは男性ホルモンが活発だと生えてくるので、これをおさえる成分が抑毛クリームには含まれています。

たとえば、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボン、毛の成長を遅らせる効果のあるパパイヤ酵素などが有効成分として含まれていることが多いです。

これらの成分は比較的肌に優しく、しかもスキンケア効果の高い成分なので肌トラブルが起きにくいですし、失明の危険はまずありません。

抑毛クリームは使っていくうちにヒゲを細く柔らかくしていくので、毎日の手入れを楽にしたい人にはおすすめです。

アフターシェーブローションや保湿剤として使えるものも多いので、続けて使いやすいのも特徴です。

抑毛クリームと除毛クリームの違い

それでは、抑毛クリームと除毛クリームの違いを表にまとめてみました。

  抑毛クリーム 除毛クリーム
肌への刺激 それほど強くない かなり強い
即効性 ない ある。ただし、部分的に毛が残ることも。
使用頻度 毎日 数日に1回
顔への使用 使用できる商品が多い 基本的に使用できない
デリケートゾーンへの使用 使用できる商品が多い 使用できない商品がほとんど

表からも、除毛クリームの危険性と抑毛クリームの優しさがよくわかります。

抑毛も除毛も永久脱毛の効果はありません

抑毛クリームも除毛クリームも、永久脱毛効果はありません。

除毛クリームは、皮膚の表面に出ている毛を溶かすだけで毛根を溶かす効果はありません。腕やスネなどを除毛した場合でも、数日から1週間程度で毛が目立つようになり、再処理が必要になります。

毛の本数も太さも変わらないので、処理をしなければまた元のように毛が生えてきます。

抑毛クリームは、毛の性質を変えたり毛の成長をおさえるだけで、毛を抜く効果はもともとありません。ヒゲ剃り後などに毎日使うと徐々に毛が細く柔らかくなってくるので、毎日のケアが楽になってきます。

ただし、こちらも使うのをやめてしまえば、もとのように太く濃いヒゲが生えてきます。

確実な永久脱毛でツルツル・スベスベの肌をゲットしたいのなら、クリニックなどに行くのがベストです。

ヒゲに抑毛クリームを使う場合、覚えておきたいこと

「じゃぁ、ヒゲの処理は抑毛クリームで!」と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。

使う前に覚えておいてほしいことがあるのです。

除毛クリームのように失明の危険はありませんが、抑毛クリームについてよく知っておかないと期待した効果がなくて「ダマされた!」と残念な思いをするかもしれません。

そこでここからは、知っておきたい抑毛クリームの性質やデメリット、注意点をいくつかあげます。

【その1】即効性はない

抑毛クリームは、使い続けることで毛を生えにくくしたり毛の性質を変えていくものです。使ってすぐに、目でみてわかるほどの効果は実感できません。

どの商品も、2~3ヶ月使い続けるとヒゲが細く柔らかい状態になってきます。そして使用をやめると、ヒゲはもとの状態に戻ってしまいます。

もっとも、その点は手軽に使い続けられるように工夫がされています。

多くの抑毛クリームやローションはアフターシェーブローションや保湿剤として使えるようになっていて、毎日のスキンケアに取り入れやすくなっています。

商品によっては、定期購入で価格がおさえられるようにもなっています。

上手に生活の中に取り入れることができれば、簡単・手軽に抑毛効果を実感することができます。

【その2】ヒゲが薄くなるけど脱毛できるわけではない

繰り返しになりますが、抑毛クリームでは脱毛できません。

使い続ければヒゲはある程度薄くなりますが、本数が減ったりすることはありません。そのため、毛の濃い人は効果を実感しにくいという弱点があります。

ただ、ヒゲが細く柔らかくなってくるので、毎日のヒゲのお手入れはだいぶ楽になります。ヒゲ剃り回数が減る人もいます。

ヒゲが柔らかくなると深剃りをしなくても良くなるし、肌トラブルも少なくなります。

ヒゲがそれほど濃いわけではないけれど、カミソリ負けなどがつらくて除毛や脱毛をしたいと考えている人の場合、抑毛クリームで肌トラブルを解消できることも多いです。

【その3】メンズ用の抑毛クリームを使うこと

ヒゲの抑毛は、顔に使えるメンズ用の抑毛クリームを使うようにしてください。

女性用の顔用抑毛クリームは主に産毛用なので、男性の太くて濃いヒゲには効果が期待できません。

また、男性用の抑毛クリームであっても顔には使用できないものもあります。購入時には顔に使える商品を選ぶようにしてください。

顔に使えるかどうかはっきり書いていない商品も多いので、自己判断で使用せず、不明な場合にはメーカーなどに問い合わせをしたほうがいいでしょう。

また、個人輸入で海外の商品を購入する場合には、使用上の注意をしっかり確認してください。

ただし、海外の製品は日本人の肌質に合わないこともありますし、安全基準も異なります。使用は自己責任となってしまいますので、注意しましょう。

除毛クリームと抑毛クリーム、どこで買えるの?値段の相場は?

除毛クリームと抑毛クリームの違いがわかったところで、次は購入です。

除毛クリームも抑毛クリームも医薬品ではないので、ドラッグストアや薬局などで販売していることもあります。しかし、女性用に比べると数は少なく、顔に使えるものを探すのも大変です。

そこで、インターネット上のメーカー公式サイトやamazon、楽天市場などで購入するのが手っ取り早いです。

amazonや楽天市場では、海外に拠点を置く販売店が偽造品や転売品を売っていることもあるので、不安な場合はメーカー公式サイトを利用するほうがいいでしょう。

なお、値段は1本100mL~150mLで2000円くらいから10,000円を超えるものまでさまざまです。

値段の安いものは有効成分の種類が少なかったり、含有量が少なかったりする傾向があります。

一方で、高価な商品は有効成分量が多く、製造も日本国内、効果がない場合には返金にも対応してくれる場合があります。

肌、特に顔に使用するものなので、納得できる商品を選ぶようにしてください。

気軽に試せる、おすすめしたい除毛・抑毛クリーム

市販の除毛・抑毛クリームはとてもたくさんあります。

どれを選ぼうか迷っている方のために、値段もそこそこで気軽に試せる、おすすめの商品をいくつか紹介します。

ただし肌質には個人差があるので、合わない場合には無理して使い続けず、肌あれがひどくなる場合には早めに皮膚科を受診するようにしてください。

楽天市場で一番売れてる「NULL 除毛クリーム」

まず、楽天・amazon・yahooショッピング各部門でランキング1位を獲得している「NULL除毛クリーム」です。

除毛クリームなのでヒゲやデリケートゾーンには使えませんが、腕やすね、脇毛にも使える商品です。

こちらのNULLシリーズの「NULLアフターシェーブローション」をヒゲ剃り後に使うと、ヒゲの生える速度が遅くなります。

こちらのローションにはヒゲにアプローチする大豆のイソフラボンやサポニンが多く含まれ、アロエベラ葉エキスも含まれるので、肌に優しい使い心地です。

また、製品のみならず容器も日本製なので、安心して使うことができます。

「NULLアフターシェーブローション」は、楽天のシェービングローション部門で1位を獲得しており、150mLで5000円程度で販売されています(2018年10月現在)。

メーカー公式サイトでは、キャンペーン中にセットで購入するとローションの金額が半額程度になることもあります。また、返金保証や使用ガイドラインもついているので、体の除毛ついでに一度試してみるといいかもしれません。

ヒゲ対策と肌のお手入れが一緒にできる「ゼロファクター」

ヒゲ対策と肌のお手入れが一緒にできる人気の商品には、「ゼロファクター」があります。

「ゼロファクター」には、ヒゲにアプローチする大豆などの成分が11種類も含まれています。スキンケア効果のある成分も多いので、肌荒れ対策にも効果的です。

通常価格は100mLで9000円と高めですが、メーカー公式サイトから購入すれば、初回のみ980円で購入できたり、6ヶ月以上の継続購入で2回目以降は6000円で購入することもできます(2018年10月現在)。

抑毛には時間がかかるので、長期的な使用を視野に入れている場合にはこちらの商品もおすすめです。

「ゼロファクター」は、2chで「効果がない!」「解約できない!」と叩かれていますが、抑毛ローションの性質を知らなかったり、購入時の条件をしっかり理解していないためにトラブルが起きることもあるようです。

一方、継続購入が条件となっていない楽天などでは購入価格は高いですが、好意的なレビューがみられます。

購入前に信用のできるサイトで単回購入し、効果が実感できるようなら公式サイトで継続購入をするといいかもしれません。

本当に脱毛をしたいならお店に行くのがベスト

今回は、ヒゲの除毛に体毛用のクリームを使ってはいけないこと、抑毛クリームは顔に使えるけれど脱毛効果はないこと、おすすめの抑毛商品などを紹介しました。

抑毛クリームの特徴を知っておかないとダマされた気分になるので、購入前にはこちらの記事をしっかり読み返して後悔しないようにしてください。

そして何度も繰り返しますが、体毛用の除毛クリームは顔に絶対に使わないでください。ヒゲの除毛をしようとして、肌あれや失明をしてしまったら大変です。

安全にしっかり脱毛をしたい、と思うのならば、クリニックやエステサロンに行くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です