メンズ脱毛クリニックで使われる笑気ガスって何?

威力が強い医療レーザー脱毛機器を活用して脱毛施術を行う際には、少なからず痛みが発生します。
その痛みに不安を感じている方に向けて、クリニックによって多種多様な麻酔が用意されています。
麻酔クリーム麻酔テープなどです。
笑気ガスはクリニックが用意している数ある麻酔のひとつです。
その効果とリスクを確認した上で、利用を検討してみましょう。

鼻から亜酸化窒素を吸い込む笑気ガスによる麻酔効果

メンズ脱毛クリニックで行われている笑気ガスは、笑気麻酔とも呼ばれている鼻から吸うタイプの麻酔です。
鼻から吸入用のマスクを使用して亜酸化窒素を体内に吸い込むことにより、30秒程度で身体に心地よさがあらわれはじめます。
そのまま数分間経過すると、お酒を飲んで酔っている時のようなふわふわした感覚に近い状態になります。
心地よさに合わせて眠気も強くなるため、そのまま眠ってしまう男性も多いです。
笑気ガスの麻酔効果は、吸入用のマスクを着用している間ずっと持続します。
笑気ガスを行うことで、脱毛施術を行う際に発生する痛みを軽減できます。
痛みを軽減できるため、脱毛クリニックだけではなく、歯科などの強い痛みが発生する施術を行う施設で使用されている麻酔です。

全身麻酔と比較するとリスクが少ない笑気ガス

笑気ガスは、ただ単に痛覚をなくす麻酔と異なり、リラックスできる麻酔です。
酔ったようなふわふわした心地よさにより、脱毛施術を受ける気持ちの不安感を解消できます。
一般的に、麻酔と申しますと、より多くの方が全身麻酔をイメージするものです。
脱毛施術に関しては、全身麻酔を行われるケースはほとんどありませんが、全身麻酔と比較してみると笑気ガスの特徴がわかりやすくなります。

全身麻酔と笑気ガスの比較
『全身麻酔』全身の感覚をなくすための麻酔。
→麻酔が効き次第、意識もなくなるため、気がついたら手術が終わっていたというケースがほとんど。

『笑気ガス』心地よさで不安や痛みを紛らわせるための麻酔。
→施術中に眠ってしまう方もいる一方で、意識がなくなるとは限りません。

意識を失わせることから、全身麻酔を行うことには大きなリスクが伴います。
全身麻酔と比較すると、笑気ガスは安全です。

酸欠状態が長く続いてしまう事故が起こるリスク

基本的に、笑気ガスの構成は亜酸化窒素と酸素であるため、麻酔を行うことで副作用があらわれる恐れはほとんどありません。
しかし、全身麻酔ほどではありませんが、笑気ガスにも事故が起こるリスクはあります。

実際に起こった事故

10数年前の話ではあるものの、マスクを使用して吸入する際に、酸欠状態が長く続いてしまったことによる事故などがあります。
いま現在は、吸入用のマスクの品質が向上することにより、酸欠による事故はほとんど起こっていません。

安全をしっかり追求しているクリニック

優良な脱毛クリニックであれば、笑気ガスを使用するにあたって、さまざまな角度から安全を追求しています。

笑気ガスの安全対策例
・笑気ガスを使用している最中、施術中の体調の変化を詳細に観察し、少しでも異常が確認された時点で迅速に対応。
・施術前に綿密なカウンセリングを行い、少しでも体質的に笑気ガスの使用に不安があるかどうかを確認。
笑気ガスは安全性の高い麻酔ですが、麻酔である以上は使用することに多少のリスクがあります。
なるべく安全に配慮しているクリニックで笑気ガスの使用を頼むようにしましょう。

笑気ガス まとめ
脱毛施術を行う方の体質は人によってさまざまです。
事前に笑気ガスのリスクに関して、カウンセリングなどを通してしっかりクリニックの専門家に説明してもらいましょう。
説明を受けてみて、安全に施術を受けられることを確認してから、笑気ガスを使用した脱毛施術に申し込むことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です