ヒゲをブラジリアンワックスで脱毛しちゃダメ絶対!

最近男女問わず人気が高い脱毛法が「ブラジリアンワックス」です。VIOなどデリケートゾーンに使用するブラジリアンワックスですが、最近ユーチューバーの間でも鼻やヒゲに使ってチャレンジする人が増えてきました。

簡単にツルツルの顔になれるからやってみたいと思う人もいると思いますが、ヒゲはブラジリアンワックスで脱毛しては絶対にいけません。

なぜしてはいけないのか、この記事を読めば真相が分かります!
ブラジリアンワックスでのリスクや、他にできる脱毛方法もご紹介していきます。

ブラジリアンワックスのヒゲ脱毛はリスクが多すぎ!!

今話題のブラジリアンワックスは、実験半分面白半分で動画にもよく上げられていますが、色々なリスクが生じます。

【理由1】肌荒れの原因になる

ブラジリアンワックスは、肌に直接ワックスを塗り、固まったらワックスを一気に引き剥がす方法です。ムダ毛と共に角質や皮膚も引き剥がすことで、様々な肌荒れトラブルの原因になるのです。

特に、男性のヒゲは濃くて太いため、無理やり引き剥がすことで出血や炎症を起こします。
また皮膚組織への刺激によりメラニンが活発になり、色素沈着を起こす可能性も。

【理由2】埋没毛になってしまう可能性も

埋没毛とは、その名の通り皮膚内部に毛が埋もれてしまう事です。自己処理で毛を抜くと、外に出てくるはずの毛が皮膚の中で埋もれて出てこなくなります。ヒゲが皮膚から出てこなくなったら、剃る事もできずずっと黒いボツボツのままなんて悲惨ですよね。

【理由3】とにかく痛い

想像するだけで、痛みが強烈なのはお分かりかと思います。男性のヒゲは濃くて太くて密度が高い毛が集中しているので、それを一気に引き剥がすことは、拷問か!というくらいの痛みです。

それなのに、また数週間で生えてきてしまう悲しさったらありませんよね。

【理由4】ある程度長さがないと効果がない

ブラジリアンワックスは、毛とワックスを絡ませて固め取る方法なので、毛が短すぎるとワックスに絡まずに空振りに終わってしまいます。

推奨される長さは5㎜~1㎝は最低限必要になります。まずひげをそこまで伸ばすのも大変ですし、続けていくにはまた1㎝まで伸びるのを待ってから脱毛しなくてはいけないので、効率が悪すぎます。

ブラジリアンワックス専門店でもヒゲ脱毛はお断り

ブラジリアンワックスを専門にしているスタッフに問い合わせたところ、ヒゲの脱毛はお断りしているということが分かりました。やはり出血や炎症などのリスクが高すぎるためということです。

しかし、どうしてもブラジリアンワックスをしたい場合は条件があり、

  • 産毛のように柔らかい毛の人
  • ヒゲの本数がほとんどない人
  • 同意書を書いて自己責任で行える人
  • レーザー脱毛やフラッシュ脱毛によるヒゲ脱毛が完了している人

これらに当てはまる人は、サロン側は責任を負えないが施術は可能になります。

どうしても自宅でヒゲを処理したいなら

直近でイベントや大事な予定があったり忙しくて脱毛に通えないなど、自宅でヒゲの自己処理をしたい方にはブラジリアンワックス以外の2つの処理方法をご紹介いたします。

抑毛ローションを使って毛を薄くする

毎日のケアに抑毛ローションを使うことで、毛を柔らかく薄くする効果があります。

「毎朝しっかり剃っても日が暮れる頃にはもう生えてきている…」という立派なヒゲの方も、抑毛ローションに配合される成分により、青ひげや体毛、トラブル肌にも効果的です。

抑毛ローションには、以下の成分が配合されています。

抑毛ローション配合成分/効果
  • 大豆エキス⇒女性ホルモン作用で毛を柔らかくする
  • フィリニーブ⇒植物由来成分が毛根のタンパク質を弱らせ毛の発育をコントロールする
  • クズ根エキス・ザクロエキス⇒ヒゲの成長サイクルに効果的で、なめらかな肌に導く
  • プエラリアミリフィカエキス⇒抑毛効果がある

様々な抑毛ローションが展開していますが、大豆エキスを始め様々な毛の発育を抑える成分が配合されています。

抑毛作用だけでなく、美肌効果や保湿効果も付属しているのでスキンケア代わりやシェービング代わりにも使用が可能です。

家庭用脱毛機「ケノン」を使って薄くする

自宅で簡単にサロンのフラッシュ脱毛をできるのが、家庭用脱毛機「ケノン」です。ケノンは、楽天部門の顧客満足度6年連続で1位を獲得している、人気の家庭用フラッシュ脱毛機です。

全身どこの毛もできて、ヒゲ脱毛にも使用できます。使い方はシンプルで、

ヒゲを剃る⇒保冷材で冷やす⇒ヒゲに照射する⇒保冷材で冷やす

これを、1週間に1回行うだけです。
自宅で好きなときにできるので、忙しい方や人見知りが激しい方におすすめです。
ただし効果には個人差があり、特にヒゲ脱毛に関してはヒゲの量や濃さが関係してきます。

どんなに脱毛サロンと同じフラッシュ脱毛だとしても、1回の照射パワーはケノンの方が落ちます。なので、1週間に1回レベルマックスで脱毛をしても、ヒゲが濃くて多い方は中々満足いくまでに時間がかかります。

それでも全く効果がないわけではなく、年々ですが徐々にうっすらと青ひげが目立たなくはなってきます。
ヒゲ脱毛をケノンで行う場合は、やる気と根気が必要になってきます。

ヒゲの脱毛はお店に通うのが効果的!

ヒゲの脱毛は専門の方にお任せするのが、一番早く解決する近道だと思います。脱毛サロンやクリニックで行うヒゲ脱毛が効果的な理由をまとめてみました。

ここにタイトル
  • クリニックでヒゲ脱毛を行った場合1回で20%の脱毛効果がある
  • 2~3か月に1回のヒゲ脱毛なので、時間も有効に使える
  • デザインヒゲにしたい場合、専門スタッフや医師がキレイに整えてくれる
  • 自分で脱毛する労力がいらない
  • 早くて半年から効果を感じる
  • 脱毛サロンなら痛みも少なく、クリニックは笑気麻酔が用意している

最初に費用はかかりますが、ケノンと初期投費費用はさほど変わりません。サロンやクリニックで安心安全のヒゲ脱毛を行うことをおすすめします。

ブラジリアンワックスは体毛に使おう

ブラジリアンワックスで分かったことは、

  • ブラジリアンワックスは、ヒゲ脱毛に向いていない
  • ブラジリアンワックスは、肌荒れや埋没毛などトラブルを起こす
  • 毛を柔らかくするには抑毛ローションがおすすめ
  • 忙しい人は家庭用脱毛機「ケノン」でこまめに脱毛
  • 結局一番効率的なのは脱毛サロンやクリニックでヒゲ脱毛すること

という結論に至りました。

ブラジリアンワックスはもともと体毛に使用する目的で誕生したので、使用する場合は体毛にして、無謀なチャレンジはしないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です